復興支援向けに名入れタオルを

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年の東日本大震災や2016年の熊本地震など、この10年以内で日本にはいくつかの大きな災害が相次いで発生しています。そして数年たった現在も、仮設住宅などで不便な生活を強いられている被災者がたくさんいます。
ボランティア活動への参加や寄付など、復興支援として私たちにできる取り組みはいろいろあります。その中の一つが、復興支援のために名入れタオルを作成するという方法です。間接的すぎてピンとこないかもしれませんが、最も大切なのは風化させてはいけないという一人ひとりの思いです。何らかの形で復興支援に携わろうとする姿勢を、全ての被災者が落ち着いて生活できるようになるまで貫くことが重要です。
個人の力は微々たるものでも、たくさんの思いが集まって形になれば大きなエネルギーとなります。復興を支援する名入れタオルは、小さくても確実な一歩として被災者の心に寄り添えます。

復興への祈りを表現

復興支援グッズは現在もたくさん出ていますが、タオルなら手にする場面が多いだけにより効果的に思いを伝えられます。また復興への思いを周囲に伝え、皆で被災者を支援しようというアピールにもなります。
基本はシンプルな社名入りのデザインであっても、余白に復興を支援する短い一言が一緒に入っているだけで随分と違います。もちろん全体に大きく「復興支援」の文字を入れるのも良いでしょう。タオルはいくらあっても困りませんので、メッセージ入りのものを多めに作成して実際に被災地に寄付するという直接的な方法もあります。
多くの人が復興を願っているので、その気持ちを思い起こさせるために、そして忘れ去られてしまわないようにするために、復興への思いを名入れタオルに添えてみるのがおすすめです。

売り上げを寄付に

名入れタオルを制作販売している会社の中には、売り上げの一部を義援金として被災地に寄付しているところがあります。何らかの形で支援をしたいけれどどうすればいいか分からない、という人にとっては比較的手軽な方法です。
制作会社側がデザインしたものを購入したり、依頼側が希望する内容の復興支援のメッセージを印字したりと、アプローチの仕方はそれぞれです。例えば熊本地震の復興支援を考えているなら、熊本のゆるキャラをメッセージと一緒にプリントするサービスをしてくれるところもあります。
どのような形で復興支援をしたいかによって、選ぶべき制作会社も変わってきます。いろいろ調べてから比較や検討をし、復興を願う自分の気持ちに最もしっくりくるところを選んでください。

ピックアップ記事

名入れと写真プリントでインパクト大のタオルを

名入れタオルと言えば文字や簡単なイラストが定番ですが、最近では鮮明な写真がプリントされているタイプが続々と登場しています。写真入りと聞くと、どちらかというとアイドルやキャラクターの商品を最初に思い浮か...

復興支援向けに名入れタオルを

2011年の東日本大震災や2016年の熊本地震など、この10年以内で日本にはいくつかの大きな災害が相次いで発生しています。そして数年たった現在も、仮設住宅などで不便な生活を強いられている被災者がたくさ...

部活用の名入れタオルで気持ちを一つに!

学校の部活動では、部員が部名の入っているジャージやシャツなどで統一している様子がしばしば見られます。その中の一つとして人気が高いのが、名入れタオルです。活動で流した汗を拭くのは言うまでもなく、頭や首に...

改元を祝う令和の名入れタオル

令和という新しい元号を迎え、国内のお祭りムードはまだまだ続いています。巷にはTシャツやクリアファイルのようにありとあらゆる元号名入れグッズが並んでいて、ニーズが高まっています。そこでおすすめなのが、新...