改元を祝う令和の名入れタオル

令和という新しい元号を迎え、国内のお祭りムードはまだまだ続いています。巷にはTシャツやクリアファイルのようにありとあらゆる元号名入れグッズが並んでいて、ニーズが高まっています。
そこでおすすめなのが、新元号フィーバーにあやかって令和の文字が入っているタオルを制作することです。これまではシンプルな社名入れにしていたけれど改元を機会に変化をつけたい場合や、せっかくなので今年だけ記念として残るものを配布したい場合など、さまざまな状況に対応しやすいのが魅力です。あまりかしこまりすぎてはいないけれど、もらうと使い勝手が良いのもタオルの持つ利点です。
改元という大きな節目に立ち会えるというのは、なかなかできない体験でもあります。お手頃価格で相手にも喜ばれて一石二鳥の元号名入れタオルで、新時代の幕開けを皆でお祝いしましょう。

新元号への思いを生地に

元年であるだけに令和の文字が入っているだけでも十分プレミア感は出ますが、他と差をつけたいなら一言メッセージをプラスすると一層特別な品に生まれ変わります。
例えば改元をきっかけに新たな社内での目標を決めて令和の文字と共に印刷したり、令と和のそれぞれの文字を使って熟語や短い文章を考えたりと、アイディア次第でいろいろな工夫ができます。もちろん社外向けにも、取引先やお客様への対応のモットーを掲げるなどして自分たちの姿勢をアピールすると、受け取った相手に好印象を与えられます。
これまでのデザインを一新するチャンスととらえて、令和にふさわしい社名入れタオルを作ってみれば、新しい時代の幕開けが、同時に会社の業績アップのスタートになることも期待できます。

のし紙でお祝いムードを演出する

デザインをわざわざ変えたくないけれど改元を何らかの形でお祝いしたいと考えるなら、のし紙に一工夫するという方法もあります。
企業で配られるタオルについているのし紙は、どちらかと言えば粗品や御礼など無難な言葉が添えられていることが多いです。そこで、新元号を迎えた今、タイムリーなあいさつを加えたり、令和元年などといった文字を入れてみたりすることによって、もらう人の目を引くことができますし、改元を祝う気持ちを共有できます。あえて無地にこだわりたいのであれば、なおさらのし紙で表現するのが効果的です。
タオルにお金をかけられないという場合でも、のし紙を変えるくらいであればさほど負担になりません。改元記念で無料ののし紙サービスを行っているところもありますので、積極的に利用してみてはいかがでしょうか。

ピックアップ記事

名入れと写真プリントでインパクト大のタオルを

名入れタオルと言えば文字や簡単なイラストが定番ですが、最近では鮮明な写真がプリントされているタイプが続々と登場しています。写真入りと聞くと、どちらかというとアイドルやキャラクターの商品を最初に思い浮か...

復興支援向けに名入れタオルを

2011年の東日本大震災や2016年の熊本地震など、この10年以内で日本にはいくつかの大きな災害が相次いで発生しています。そして数年たった現在も、仮設住宅などで不便な生活を強いられている被災者がたくさ...

部活用の名入れタオルで気持ちを一つに!

学校の部活動では、部員が部名の入っているジャージやシャツなどで統一している様子がしばしば見られます。その中の一つとして人気が高いのが、名入れタオルです。活動で流した汗を拭くのは言うまでもなく、頭や首に...

改元を祝う令和の名入れタオル

令和という新しい元号を迎え、国内のお祭りムードはまだまだ続いています。巷にはTシャツやクリアファイルのようにありとあらゆる元号名入れグッズが並んでいて、ニーズが高まっています。そこでおすすめなのが、新...